CODE OF CONDUCT

行動規範

Rust.Tokyo は多くの人に参加してもらえる快適なカンファレンスとなることを目指しています。

こうした目的を達成するために、Rust.Tokyo ではいくつかの行動規範を用意することとしました。会場にお越しいただく皆様のご協力が必要です。ご理解とご協力のほど、よろしくお願いします。

Rust.Tokyo は、参加者全員がハラスメントを受けることなくカンファレンスを楽しめることを目指しています。ハラスメントは、どんなものであっても許容できません。もし下記のルールに違反されますと、最悪の場合、主催者によってカンファレンスへの参加を禁止とされるか、あるいは主催者の裁量で何かしらの制約を課されることになります。あらかじめご了承ください。

ハラスメントという言葉の定義についてですが、たとえば次のようなものが考えられます (これに限った話ではありません):

  • ジェンダー、性自認やジェンダー表現、性的指向、障がい、容姿、体型、人種、民族、年齢、宗教あるいは無宗教であることについて攻撃的なコメントをすること。
  • 公共の場で性的な画像を公開すること。
  • ストーキングやつきまといをすること。
  • いやがらせ目的の録音や写真・動画撮影をすること。
  • 発表やその他のイベントを執拗に妨害すること。
  • 不適切なボディタッチをすること。
  • 相手が望んでいないにも関わらず、恋愛目的で相手に言い寄ること。
  • 以上のような行為を擁護する行為そのもの。

カンファレンスへ参加されている方がもしそのような行為を見かけた場合には、勇気をもってこれらの行為を止めるようにしてください。

もし、そういった注意が難しいようであれば、お近くのスタッフに即刻お伝え下さい。当日のカンファレンススタッフは、ネームタグを携帯しておりますので、そちらでお近くのスタッフを探してください。

また、この行動規範に何かご質問等ございましたら、お気軽に rust-tokyo-staff@googlegroups.com にご連絡ください。